不動産の中の中古マンション、その他のマンションの種類

不動産で中古マンションやその他の種類の上手な探し方

概要

4月 4

不動産とは、住宅やビルなどの建物や土地そのものと言った所在地からの移動が難しい資産を指す。
土地以外の建築物は住宅から工場、店舗など様々であるが、大きく分けると所有者自身が自らのために直接使用する場合と資産運用の一環として、家賃収入を得るために第三者に貸し出される場合の二通りがある。
前者の代表例は、一戸建て住宅や分譲マンションなどのいわゆるマイホームと呼ばれるものであり、後者の代表例が賃貸アパートなどの物件である。

■マイホーム
居住用の不動産の代表例と言えば一戸建て住宅か分譲マンションであるが、双方ともにメリットとデメリットがあるため、ライフスタイルに合わせた物件選びが望ましい。
一戸建て住宅のメリットは、同一建物内に住む世帯が一世帯に限定されるという点であり、壁を隔てて隣は別世帯ということがないため、気楽な生活が可能である。
一方でマンションは、こうした気楽さはないものの利便性の高いエリアに建築されることが多く、通勤や生活用品の購入などにメリットがある。

■賃貸物件
不動産を活用した資産運用としては、賃貸物件の運営がメジャーな手法であり、利回りもよく資産家からの人気も高い。
一方で、賃貸物件の数はすでに飽和状態にあるため、運営に当たっては物件所在地や物件そのものの設備などをよく確認してから運営に着手するなど注意が必要である。

近年、需要が高まっている不動産の1つに、中古マンションがある。
従来までは、新築物件の購入が困難な人が中古マンションを選択する傾向が強かった。
しかし、近年はリノベーションを積極的に行う人も増えており、安価で購入出来る中古マンションに注目が集まっている。
中古マンションの魅力は、建物が既に完成しており、新築よりも安い価格で購入出来る点である。

話題のサイト

理想の物件を紹介してくれるのはこちらの不動産です|八潮市で暮らす・おすすめ不動産会社ガイド